読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nitro_idiot’s diary

すべてフィクションということになっています。

今宵の月のように

久しぶりに長く夜空を見た。皆既月食の夜だった。

いくつか寄り道をして鴨川に着いたのは、食が始まる一時間前だった。途中で買ったドーナツを食べながら、河原で灰色の雲に覆われた空を眺めていた。

「月、見えないね」

河原の空気は冷たかった。言葉と同時に白い息が出た。僕は黙って頷いて拓けた河原の川べりでぐるりと空を見渡した。雲には光の差す隙間もなかった。

僕はドーナツを食べ終えた後、途切れなく流れ続ける雲の大河をしばらく見上げていた。今日は見えないかもね。大して残念そうにもなくそうつぶやいて、僕は持参したMacbookを開いた。

自分の作業に意識が向き始めた頃、少し遅れて彼女は音楽を流し始めた。知らない曲が流れて、聞いたことのある曲が流れた。いつの日か、輝くだろう、今宵の月のように。エレファントカシマシの「今宵の月のように」だった。

数十分、そうして過ごした頃、ふっと雲に切れ目ができた。雲の間から明るい光が照らした。あ、月だ。後方の空を見やると、星空が広がっていた。雲は一層速く流れている。

見られそうだ。希望を持って夜空を眺めているうちに、空はみるみる美しい星空に変わっていた。

空気の澄んだ夜だった。すっかり晴れた空で輝く月はまるで菩薩のように静かに佇んでいた。物も言わずじっと眺めていると、まるでこの世界に、この月と僕しかいないかのように思われた。この月と、そして僕──。

今年は僕にとって転換の年だった。転職という事柄もそうかもしれないが、その前後で自分の考えが大きく変わったことは何より人生の中でも大きな屈折点だろう。半年前の自分と今の僕ではまったく別人のようになってしまったと感じる。転職は、その考えの変化の具象物の一つでしかない。

やがて月は定刻通りに影をつけ始め、数時間かけて闇を広げ、しまいにはすべてが影に覆われた。紅く妖艶な月だった。

転職に伴って同時に転居も必要だったため、周りの皆に念入りに挨拶をした。いつかまた会うこともあるだろうと思っていた多くの人が、もう二度と会わないかもしれない人々になっていく。全員に会うことはできないが、報告をしないわけにもいかない。

報せを聞いた皆の反応は様々で、純粋に喜んでくれた人たちもいたが、少なからず僕への不安感を表した人もいた。この環境の変化で僕がスポイルされてしまうのではないかという不安だ。しかし、昔からの他人の言うことなんて聞こうともしない強情さは変わらず、そういった他人の声を振り切って京都に来たのだ。

不安がまったくなかったわけではない。ただ、どんなに人が失望しようとも、友達は僕を好きでいてくれる。僕にはその小さな期待だけで十分だった。

紅い月を少し眺めたのち、徐々に増す寒さに負けて残りまで見ずに帰ることにした。この後起こることは、これまで見た工程の、逆再生でしょう。

近くのマクドナルドでコーヒーを飲んで温まった帰り道。寒いね、と言って見上げた空では、細い月が再び顔を出し始めたところだった。